TOP



脳・脊髄神経系にトラブルのある方

 本文中の価格は税別表記です。

脳卒中後遺症

 脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血に罹患し、急性期後に手や足の筋肉が緊張して動かしづらく関節が固くなったようになる後遺症があり、日常生活やリハビリの大きな妨げになります。脳の中には身体各部の地図があります。この地図は日々更新され最新のものに置き変わっています。病気をしてその地図が欠損すると、身体のその部分が脳から消え、脳からの命令が届かなくなります。
 鍼灸やマッサージは脳の地図にはない手足に刺激することにより、脳の地図の更新に役立てます。脳の可塑性に大きく貢献することができます。

 施術回数は各自によります。また費用はほとんどの方が保険適用になりますので法定料金となります。


脳・脊髄の変性疾患

 パーキンソン病、脊髄小脳変性症多系統萎縮症などの変性疾患に対する鍼灸、マッサージ治療を行っています。
 神経伝達系の症状は運動器系のみならず自律神経系の症状もあわせもちます。運動器系の症状に対しては運動不良による姿勢バランスの為にマッサージや変形徒手矯正術を行います。その他の症状に対しては頭鍼とレーザー治療を併用し不可逆的な変性に対して進行を極力遅らせることを目的に行います。進行が緩慢であることは日常生活の質は高く維持される為に受療者の方の満足度は高いです。

 施術回数は各自によります。また、費用はほとんどの方が一部保険適用になります。


認知症

 脳細胞の変性により発病するアルツハイマー型認知症の初期を対象としています。症状は変性に伴って一律に進行するのではなく、体循環や自律神経に依存します。その為に循環を促す物理刺激を加えることにより進行が緩慢となり精神が安定いたします。また、人によりスコアーが改善する場合もあります。

 施術回数は各自によります。費用は鍼とレーザー治療で4,020円で15分程度の首と肩のマッサージを行うと1,430円加算されます。週1回程度の治療を継続する必要があります。


慢性疼痛

 なかなか軽快しない痛みの感覚は日常生活に影響を与えます。慢性疼痛の多くは、原因は取り除かれているのに症状が残存する事です。その症状は一次的に様々なタイプの痛みです。また、二次的には栄養障害や精神障害、各自律神経障害です。このようなタイプの症状は、脳の痛みに対する感受性が大きく関わっつています。
 鍼灸治療は脳の痛みに対する感受性を物理的刺激によりコントロールすることで自覚なき痛みの感覚を上書きし症状軽快に向かわせます。時間はかかりますが症状が
3割でもよくなれば二次的症状は改善する傾向にあります。また、難治性の幻肢痛や反射性交感神経性ジストロフィーおよびカウザルギー
の臨床経験があります。

 費用は、治療により健康保険適用の可能性もありますので各人により異なります。通院間隔も異なりますので詳しくはお問合せ下さい。


営業時間

 10:00~20:00 
 (最終受付18:00)
 木・祝日はお休み


予約・お問合せ

 042-387-7020
 info@horaido.net

アクセス


  東京都小金井市梶野町5-3-7-101
JR中央線 東小金井駅北口徒歩1分
近隣にコインパーキング多数


  copyright©2021 HORAIDO all rights reserved